自転車専門店ナガクラ取扱いブランド!!


メリダ・Besv(べスビー)・COOZY・ラレー・アラヤ・スコット・フェルト・GUSTO・LOOK・ルイガノ・ガノー・GT・ライトウェイ・TOKYOバイク・ルノー・オリバイク・ダホン・シュウイン・センチュリオン・ブリヂストン・パナソニック・ミヤタ他


画像に含まれている可能性があるもの:、「GUSTO」というテキスト

ATTAQUEはGUSTOというカーボンバイクブランドを通じて、優れた商品を手頃な価格でユーザーに供給するという使命でスタートしました。

 

自らコンチネンタルチームを持ち、そのメンバー構成もワールドワイドで、2015年はアジア各地で好成績を残しました。2016年にはチームの拠点を台湾からスロベニアに移しました。2017年に開催されたツールド・とちぎでは総合優勝・スプリント賞・山岳賞の3タイトルを獲得するなど、日本国内のレースでも活躍しております。


スコット

スコットといえば1989年ツール・ド・フランスでグレッグレモン選手がエアロバーを使用し勝利をおさめた事で記憶している方も多いと思います。


世界中で開催される最高峰のレースにおいて、スコットバイクを駆るライダー達が残した功績は常に進化するテクノロジーに裏付けされた結果として証明されています。
”軽量”は、すべてのスコット製品に共通しています。


フェルト

「フレームの魔術師」と称されるジム・フェルト率いるドイツの高品質ブランド。
もともとモーターサイクルメーカーのエンジニアだったジム・フェルトが興し、スポーツバイクの総合メーカーへと成長させた。
2008年からはプロサイクリングチームのガーミン・スリップストリームへの機材供給を開始。新シリーズ「AR」をツール・ド・フランスで実践投入し、話題を呼んだ。


ガノー

比較的低価格でカジュアル(街乗り)向きなLouis Garneau(ルイガノ)に対して、Garneau(ガノー)は比較的高価格でスポーツ(競技)向きなバイクです。

ガノーのハイエンドのカーボンフレームは日本代理店ではなくカナダの本社で開発した物で、台湾メーカーであるTRIGONが製造しています。


ルイガノ

カナダナショナルチームのメンバーとしてオリンピックのトラック競技で入賞するなど、自転車選手人生で計150ものメダルを獲得したルイ・ガノが興したカナダのブランド。

瞬く間にすべてのジャンルをラインナップする総合自転車メーカーに成長し、ノーブルなデザインも手伝って日本でも最も人気のある自転車ブランドの一つとなっています。


GT

70年代自らの息子にBMXレーサーを製作したゲーリーと、自らが経営するバイシクルショップで製作・販売をしようと声をかけたリチャードの二人が、1979年にゲーリーターナーの頭文字を取ってGTブランドが誕生しました。

BMXの頂点を極めたGTはその後、MTBの開発に着手、BMXと同様MTBのレース界を席巻。
この時世界中を驚かせ、今日までGTに勝利をもたらし続けるトリプルトライアングルフレームが誕生し
ました。


ライトウェイ

RITEWAYは日本人クリエイターが作り出す誰でも簡単に楽しめる新しいスポーツバイクブランドです。
【NFデザイン】    すべてのRITEWAYは、日本人生体計測や、モデリングなどの最新データーに深い経験を加味して日本人向けフレームを製作。
【KEI’S グラフィック】「難波江 啓」が生み出す独特の技法は、どこか懐かしく親しみを覚えるカラーリングです。
 【DCC フィニッシュ】 DCCと呼ばれる表面コーテ

ィングを二重にする塗装を採用すことで光沢と丈夫さを実現しています。


TOKYOバイク

テーマは「TOKYO SLOW」。
トーキョーバイクはそのネーミングを思いついた時から、すべてが始まった。
速く走ることや移動することだけが目的ではなく、なんでもない日常にさわやかな変化を加えるツール。
スピードを出すことよりも、踏み込んだ瞬間の軽さや、坂道をスイスイと上れる気持ちよさ。
言いかえれば自転車を意識せず風景や空気の匂い

を感じるためのデザイン。 そうして出来上がったのがトーキョーバイクなのです。

                                            


プジョー

  、「RALEIGH」というテキストの画像のようです

 

現代、日本でスポーツ車が普遍化する中、アラヤのラレージャパンもラレーの思想を引き継ぎ、日本人と日本での用途に合った設計の製品を提案してきた。約130年の歴史、自転車の歴史はラレーの歴史といっても過言ではない、「変わらないこと、進化すること」を具現化したことに、世界中の支持と共感を得た実績であると確信する。

                                            


ブリヂストン

 

誰もが知る日本のトップブランドです。
ベルトドライブシステム(1982年開発 1987年全国発明特別賞受賞)、オーダーメイド自転車の生産(1988年)、また暗所でライトが自動点灯する「点灯虫」(1991年)、後輪錠とハンドルのダブルロックシステム「一発二錠」(2003年)など独自のシステムを多用した自転車を多数開発し続けています。

中でも通学用自転車「アルベルト」は、特に人気が高く有名です。

                                            


パナソニック

  

 1952年(昭和27年)4月 ナショナル自転車工業株

  式会社を設立。

  フレームメーカーとしては老舗の一つである。ランド

  ナー、ロードバイク、ミキスト(女性向けでトップチ

  ューブが強く傾斜してリヤエンドに直結している形

  式)、デモンターブルなどのラインアップを揃えた

 「ラ・スコルサ・ヌーボ」シリーズ、セミオーダー車

 「POS」(パナソニック・オーダー・システム)が、

    よく知られています。 

    また、1988年大関 小錦関よりカッコいい自転車

  が欲しいと要望があり、体重234㌔を支える小錦ス

                                             ペシャルバイクを制作したことでも有名です。


シュウイン

1895年10月22日、シカゴにおいて「Arnold,Schwinn & Company」がイグナズ・シュウインとアドルフ・アーノルドによって設立されました。

アメリカを始め世界中のすべてのサイクリストに、コストパフォーマンスに優れた自転車を115年以上にわたり提供し、ユーザーにサイクリングの楽しさを広め続けています。

                                                                                                                                              


センチュリオン

 

ドイツは自動車王国です。しかし自転車も一流です。乗ってみていいものであれば、必ず売れるはず。この信念のもと、W・レナーが1976年に会社を創立しました。

安定性・信頼性・安全性を堅守しながら、各カテゴリーのバイクに求められる性能を追求し続けるセンチュリオンバイク。ヨーロッパをはじめ世界中のライダーにドイツ発の設計理念が生きるバイクを提供しています。

                                                                                                                                              


オリバイク

 

Ori bikeはイギリス人の元F1ドライバー ジョン・ホワイトによって設計されました。彼は優秀なデザイナーでもあり優秀なエンジニアでもあります。

Ori bikeのオリは折り紙が語源です。Ori bikeを折りたたむ様はまさに折り紙を折るように正確、確実に折りたたむことが可能です。

数秒でコンパクトな形に折りたためて持ち運びにも保管にも非常に簡単で便利、Ori bikeの折りたたみ部分が無いメインフレームは高い剛性を確保、滑らかで快適   な走りをお約束します。
                                                                                                                                              


、「RENAULT」というテキストの画像のようです

自動車メーカーとして、有名なルノーが製造している自転車の評判は、なかなか良いです。

この自転車は、折りたたみ自転車大手メーカー『DAHON』の技術を使って製造されているOEM車です。

OEMは、Original Equipment Manufacturing(Manufacturer)の略で、他社メーカーで販売されている製品を製造することを意味します。

資金をあまり回さずに、製造されている折りたたみ自転車も多いですが、DAHONが元なだけあって、しっかりとした作りとなっています。